スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お神輿

五穀豊穣を感謝する秋祭りのシーズンです。 


10/1(日)に、
子ども御輿巡行があり、
下の子と参加してきました。

集合場所に行ってみると、
ずいぶん見知った子ども達が集まっていました。

井草子供神輿1.JPG


それでも、いざ担ぐとなると、
ほどよい人数でしかなく、
大人もサポートしてやらねばならない状態でしたので、
お世話役の方に混じって、
子ども達が担ぎやすくなるように支えたり、
「ワッショイ、ワッショイ」と声をかけて行きました。

井草こども神輿メガホン.JPG


途中、
数ヶ所で、お菓子や飲み物の接待があり、
「重い、疲れた!」と不満げだった子ども達は、
たちまち元気になり、
一行は進みます。


“同じ釜の飯”ではありませんが、
御輿を担ぐことで、
同級生同士だけではなく、
友達の友達や近所の子など、
タテ・ヨコ・ナナメの関係が生まれてきます。
少子化の現代には、
子ども御輿が貴重な体験となっていると思いました。

関連記事
スポンサーサイト
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。